Deal & Sales

ark genesis missions command

In the final test, he tests survivors inside the simulation to see if they are subservient. 皆さんの○○のミッションで××が出た!という情報をお待ちしています。, ブラッドストーカーでレース。非常にテクニカルな操作を要求され、レースの中でも難易度が高い。, 特殊な木?を破壊してガスボールのようなアイテムを回収、離脱。ガスエリアで採取するのでハザード一式があると楽になる。, ドードーをバスケットボールに見立ててシュートするミニゲーム。3ポイントシュート有り。, Bogバイオームに出現する敵と、説明文にある通り虫が多く登場する。2W目にポイズンワイバーン、最終Wにブルードマザーが出現する。, 対象エリアは4つ、それぞれ1000m以上離れている。ガスエリアが含まれるためハザード一式がほしい。, 投網を使った釣り。ミッションで支給される投網はやたら壊れやすい。ベータ以上を狙うなら自前のものを。, カプロスクスでのレース。経路に細かい木、石が多く、高さのないワニはことごとくひっかかる。事前にルートの障害物を取り除いておけば一転、アルファでも楽勝に。攻撃速度にマイナス補正があるため、飛び付きは加速に使えない仕様。, ブルートラプトル討伐ミッション。高い攻撃力にラプトルの攻撃速度が合わさりかなりの脅威。特にαは壮絶なDPSを誇り、インプリントギガノトサウルスですら下手をすれば10~20秒で暴走し、下手をすれば1分もかからず鎧124ギガノトサウルスが食われてしまう。幸いHPがブルート個体で最も低い。拘束攻撃も健在で、個体が大きいのでアロサウルスあたりの背丈だと掴まれて即死してしまうことも。, チーム戦、開始後一定時間はチーム選択タイム。報酬は一切なく勝っても負けてもクリアはつく、完全なレクリエーション, ベールゼブフォの護衛ミッション。敵はラプトル、蛇、テラーバード、バリオニクスと高速軽量タイプが多い。いくつかの地点で、敵が真上から降ってくるため要注意。, スピノサウルス討伐ミッション。攻撃頻度の高さとノックバックにより正面戦闘だと取りつくことができずダメージが嵩んでしまう。スピノが気づく前に背後から囲い込むことで被害を抑えられる。αではブルート個体で単体最強の戦闘力を誇り、その戦闘力はキング・タイタンに次ぐほどと言っても過言ではない。攻撃判定は前方に強いが後方に弱いのでタンク役に正面を任せ、後ろから出血などで鈍足で動きを封じつつ割合ダメージで削ると良いだろう。, サルコスクス討伐ミッション。体が大きいため、通常サルコなら無事なペットでもデスロールがサバイバーにヒットするため要注意。αは可もなく不可もなく、普通に強い程度。ユウティの恐怖咆哮が有効。ミッション名は1999年の映画「Lake Placid」が元ネタか。, BloodStalker討伐ミッション。正面に立つと引っこ抜かれる。通常同様振りほどけるがベータやアルファでは振りほどいた後の一撃が致命傷になりかねない。他の背の高いペットを盾にするなどして立ち回りたい。αでは単発ダメージが見た目より強く、痛いが攻撃を行う範囲が狭く、移動速度も遅いのでギガノトサウルスなどの高リーチ個体で後退しつつ攻撃すると一方的に攻撃出来る。, マンタに乗って障害物レース。障害物の上にあるリングは水面からジャンプする必要がある。タイトルは任〇堂のウェーブレース64が元ネタと思われる。, チェックポイントをいくつか調査し、最終的に表れるTeethy Megalodonの群れを倒してメガロドンの歯を回収、離脱するミッション。敵はアンコウ、デンキウナギ、リオプレウロドン、メガロドン、ダンクルオステウスなど。, イクチオサウルスを護衛。敵はメガロドン、デンキウナギ、ダンクルオステウス、アンコウ。途中岩の輪をくぐる場所があり、大型生物は外側から回りこむ必要がある。元ネタはシューティングゲーム、「エコーザドルフィン」。, 三匹のウミガメ・・・という名のカルボネミスを護衛。敵はメガロドン、リオプレウロドン、エラスモサウルス、Parakeet Fish School、セイバートゥースサーモンなど。とくにParakeet Fish Schoolが見えづらい。元ネタは映画「ファインディング・ニモ」のウミガメのセリフ。, 対象エリアは4つ、2エリア目は真空室。どのエリアも調査ポイントが立体的に配置されている。小回りを考えるとサボテンスープとラザルスチャウダーを使用して生身がいいが、生物にバレないように気を付けることと渦潮に注意。, 討伐対象はトゥソテウティスで、最後のエリアにはデンキウナギも付属。相手がイカなので掴み攻撃に注意。基礎能力は高いがLv300なので実際のステータスはそこまで高くはならない。攻撃範囲が広いのであえてモサなどのタンク役が掴まれてその間に攻撃を仕掛けるのも手(イカの掴みはメレーが反映されず、単体にしか当たらないので被害が掃討に小さくなる)。, モササウルス討伐ミッション。最後のお供はリオプレウロドン2体。こちらもLv300とレベルが低く、お供も弱いのでアルファでも比較的弱い部類となる。また、泡に引っかかると無防備にプカプカ浮いてしまう可愛い側面がある。, エラスモサウルス討伐ミッション。最後のお供に複数のメガロドンが数の暴力を仕掛けてくる。アルファではお供のメガロドンが非常に強く、むしろそちらが本体。攻撃範囲の広いイカはメガロドンに横へ張り付かれてしまうのでモサが有力か。, 白いクジラ・・・というていの白いリードシクティスの討伐ミッション。リードシクティスの攻撃自体はメレーが伸びない性質上皆無だが、そのすさまじい耐久力のために時間切れになりやすい。最後にはバシロサウルス2体が付属、AIがそのままなのか反撃してこないがやはりタフネスが問題。出血攻撃は有効。お供のバシロは逃げ続ける上に出血無効なのでイカの広範囲攻撃や大量のペットに攻撃命令を出すと良い。, チェックポイントに到着するとラッシュ開始。ミクロラプトル一体確定?+ライアウルフ,ダイアベア,ダエオドン等が襲撃して来る。全てのポイントを回ると地面に凸(他マップでは砂採取場所のようなもの)が多数出現し、開封することができる。当たりの場合はナゲットが出現し、ハズレの場合はミクロラプトルやプルロヴィアが出たり、スカだったりする。指定個数集めるとクリアとなる。脱出ルートのみアイスゴーレムも湧く。, 氷の湖に開いた穴から釣り竿で釣りをする。魚のサイズは難易度によって固定でガンマ1.0、ベータ1.5、アルファ2.0.この手のQTEが得意かそうでないかで難易度が変わる。たまに穴の下に魚がいなくなってしまうことがあるのでその時は穴を変えよう。TEKヘルメットがあると生体感知で若干見やすくなる。, 対象エリアは4つ。洞窟内で逃げ場がなく大量のホッキョクグマとフェロックスが出現する第一エリア、氷水の中を探索する第二エリア、すさまじい吹雪で視界が悪い第四エリアの難度が高い。, プロコプトドンの赤ちゃんの護衛。スタート時に崖を大ジャンプする。ダイアウルフ・ホッキョクグマ・サーベルタイガー・ダエオドンが出現。道中雪崩に会うと護衛対象が押し流されてしまうため、分断に注意。, メガロケロス討伐ミッション。ブルート個体のレベルは625で、通常のメガロケロスと違い逃げずに反撃してくる。最後にはオス4匹程度とメス1匹が同時に出現し、メスも攻撃してくる。, Ferox討伐ミッション。2020/5/24時点では、ターゲットのFeroxの変身時間が過ぎて小さくなると同時に倒したとみなされる仕様になっているため、最後に出てくるサーベルタイガーとダイアウルフ複数を倒す力さえあれば文字通り「かくれんぼ(Hide and Seek)」してクリアすることができる。Feroxのレベルは300ほど、正攻法で倒す場合は騎乗解除が怖い。, ユウティラヌス討伐ミッション。ブルートのレベルは1000、最後のお付きに高レベルユウティとカルノ2匹。ブルートは咆哮を使わないがお付きのユウティはばっちり使ってくる。カルノも殺到するのでノックバックはめ殺しに注意。, マンモス討伐ミッション。ブルート個体のレベルは1000で、ラストはレベル625程度のお付き3体とパレードしてお出迎え。レベルによるステータスの暴力、巨体ゆえのノックバック耐性、さらに決戦場所は足場も見通しも悪くかなりの高難易度。, サーベルタイガーでのレース。コースはほぼ全域が下り坂なので、ジャンプするときは内側に飛ぶように気を付けないと崖から飛び出しタイムロスになる。途中で通ることになる洞窟では青い水晶とコース表記が重なって視界が悪い。また、ミッション開始地点はかなり低温なので凍死しないように注意。, ケブカサイでのレース。元ネタは世界最速の周回レース、インディ500。元ネタに合わせたのかスタート地点に戻ってくるコースで、さらに道中はブーストリングが多い。ブーストおよびダッシュのトップスピードをどれだけ維持できるかがタイムにかかわっており、サイのダッシュの仕様もあって障害物に引っかかっての飛び出しや野生生物によるブロックの脅威が大きめ。, 雪山生身ミッション。オオカミ、サーベルタイガー、アルゲン、テリジノ、サイ、マンモス、ダエオドン、ユキフクロウ、マナガルム、アイスゴーレム、メガピテクス、白熊、ユウティラヌス、メガテリなどが出現、全体的に耐久力が高い。テリジノに鎧の耐久をごっそり持っていかれるのでスペアの鎧がほしい。現地が猛吹雪地帯で視界が効かず、武器はリロードの遅い射撃武器と射程の短い近接武器がそろっており、総じて難易度は高い。, ドエディクルスでレース。通常のドエディと違い、ローリング中にカーブと採取オブジェクトの破壊ができる。ミッション名はソニックXのテーマソングであり、ローリング中のカーブと障害物破壊もソニック・ザ・ヘッジホッグのオマージュ。, ガリミムスでレース。前半は細かい採取オブジェクトが、後半は狭い道に立ちはだかる野生恐竜が邪魔になる。それらを排除できさえすればアルファでも苦労はしない。ただし毒ガスポイントのそばを通るのでハザード一式推奨。, チェックポイントサーチ後、アルファXトリケラトプス一体を討伐、頭蓋骨を取得して離脱するミッション。全体的な道のりは短めだがディモルフォドン、アースロプレウラとバジリスク、オニコニクテリウスと騎乗者にダメージを与える敵が多いのでメディカルブリューは用意したい。アロサウルス対策に解毒薬も有効。その他カルノ、ラプトル、ティラノ、アルゲン、トリケラも出現する。, 火山洞窟内部に侵入し、チェックポイントサーチ後マグマサウルスの卵を取得して離脱。狭い洞窟内部では敵を避けることはほぼ不可能で、もとも環境が苛烈なうえ、ミッションの敵もケントロやムカデにクモ・蝙蝠・プルロヴィア・アロサウルスにレックス・Xロックエレメンタル・マグマサウルスと凶悪極まりない。虫が大量に湧くため戦闘面ではメガテリウムが有効だが、マグマサウルスのブレスを考えるとサバイバーはマグマサウルス騎乗が前提か。難易度は極悪。, ロックエレメンタル討伐ミッション。ロックエレメンタルは体力が低いため、ダメージカットさえどうにかなれば最後のおまけのバジリスクやサソリのほうが固いレベルだが、特殊仕様として投げた岩が最後に爆発し、サドル防御を軽減して大ダメージを与えてくる。言わずと知れたQueenの同名の名曲から名づけられている。, アロサウルス討伐ミッション。説明文にはレベルが低いとあるが群れのリーダーは1000、部下は625レベルとけして低くはない。ミッション名はビートルズの名曲、ハロー、グッバイからきているのかもしれない(同名の曲は他にもある)。, マグマサウルス討伐ミッション。マグマサウルスのレベルは1000と高く、耐久力も火力もかなりのもの。騎乗貫通ブレスもあるので正面から仕掛けるのは無謀。旋回性の悪さや巨体ゆえのスタックにつけ込みたい。最後にはカルノタウルス4体も出現するが、マグマサウルスはリンクしないので遠距離攻撃を用いての分断は可能。, 山頂(Summit)付近でパラサウロロフス4匹の護衛。道中はサミット首脳会議の歓迎よろしく花火の打ち上げとともに敵が歓迎してくれる。他の護衛ミッションに比べると敵は少なく、ほぼ前方からしか来ないが護衛対象のHPが低いのでけして楽ではない。, 溶岩地帯、ガス噴出孔、と巡り、最後は火山内部。回復手段とハザードスーツ、噴火に備えてマグマサウルスまたはMEKを用意したい。, バルブドッグをゴールに放り込む。シーカーや防衛ユニットがちょっかいを出してくることがあるので、護衛のペットがいると安心, Tek Hover Skiffでレース。元ネタは「try!

Doom Eternal Mars Core Slayer Key Glitch, Sofia Pernas Wiki, L'insoumise Film 2011 Distribution, Ffxiv Pixie Beast Tribe Mount, Starbound Criminal Hideout Code, Akita Bulldog Mix, Quiz Logo Game Level 2,